私たちが伝えたいこと

~シビックプライドは暮らしから。

日々の暮らしを楽しくするために必要なことってなんでしょう。

インテリアにこだわること、おいしいごはんを作ること、家族仲良くすること…。いろいろありますね。

 

私たちが思う「日々の暮らしを楽しくするためのとっておきの方法」は、

「住んでいる土地を好きになり、誇りに思うこと。」

 

ー 自分が住む町が楽しければ、毎日が楽しい。

 

シンプルだけど、とても大切なことだと思いませんか?

私たちはこれを「シビックプライド」という言葉で表現しています。

 

 

「シビックプライド」とは、19世紀のイギリスで注目されるようになった言葉です。

その意味は…単なる郷土愛、地元への誇りではなく、「その土地のために自分に何ができるか」

を積極的に考え、当事者意識を持って地域にかかわろうとする動きのことを指す考え方です。

 

が、なんだかちょっとハードルが高いですよね。

 

ー 地域のことを考えるってもっと日常で、もっと普通のこと。

 

でも…地域を考える、って難しく考えがちですが、例えば毎日のごはんを考えるとき、週末のお出かけのとき、子育ての時間…その折々に、「自分の住む土地」をちょっと意識してみる…そんなに難しいことじゃないと私たちは考えています。

 

「暮らしから地域を考える」という視点があってもいいと思いませんか?

 

町の未来を机の上で考えることももちろん必要ですが、たとえば「今日の晩ごはん、産直市で地元野菜をたくさん買って作ろう!」と考えることも、ふるさとで採れた新米を、地元の窯元のうつわで食べてみたい」と思うことも、「今度のお休み、おいしいランチを食べに行きたいね…」と友だち同士で相談することも、どれもすごく大切な「地域への働きかけ」なんです。

 

島根に暮らすふつうの人たちが、あたりまえに「島根で暮らすってなんて楽しいんだろう」と思えるように、そんな地域になるように、私たちは「島根の魅力」をさまざまな角度から探し出し、磨き上げて、発信していきたいと思い、シマシマしまねを立ち上げました。

 

皆さんにも、日々の暮らしの中からたくさんの「島根の魅力」を見つけてもらいたい。

 

生活の中にあるシビックプライドに気づき、磨き、共に成長していきたい。

 

ふつうに暮らしていても、住んでいる土地の良さを発見でき、家族や友人と共有していけるもの。

それが本当の暮らしの豊かさに繋がるのではないかと私たちは思っています。

 

シマシマしまねはそんな私たちの願いから成り立っています。

地域への思いを持った作り手と、そこに住まう人々をつなげる場、それがシマシマしまねです。

 

例えば、島根の食材を使ったワークショップだったり、島根のうつわの販売があったり、

島根のおいしいものを集めたイベントを企画したり、島根にある19の市町村の形をモチーフにしたり。

とことん、島根を感じる施設です。

 

私たちが自信を持っておすすめする島根のいいものがそろっています。

ぜひ、まだ知らない島根を見つけにお越しくださいね。